社会保険労務士・社労士をお探しなら、労務管理のご相談ならSRアップ21まで

人事労務トラブル110番

ビジネスシーンでありがちなトラブル事例をドラマで再現。
企業経営上避けることの出来ない問題を解決するために必要なさまざまな法律知識をSRアップ21の社会保険労務士が解説しています。

人事労務トラブル110番 Vol.5

価格

定価:9,800円 → 働き方改革応援セール 8,800円円(消費税・送料込)

発売日

2017年02月28日

収録内容

退職した元社員が2年間の残業手当を請求してきた
社員への損害賠償請求はどこまでできる?会社の管理責任の限界は?
「現場復帰したいのですが・・・」 「え?辞めるんじゃないの?」
それってセクハラじゃないですか? 「いいえ、個人的な業務指導です」!?
残業申請が逆効果! 社員たちの責任感と意欲が低下
監督官がやってきた!「残業されているようですが、手当が払われていませんよ!」
「会社を辞めるなんて言っていません!」1か月以上も無断欠勤していたのに?
反社会勢力? 「しかし・・・町内会のおつきあいもありますし・・・」?!
メールだったらなんでもあり? 「私は大事なことを伝えたいだけです・・・」?!
SNSの普及!会社はどこまで規制できるのか?
社内恋愛禁止!どちらかが退職なんて
GPS機能付き携帯電話の携行義務づけは、プライバシーの侵害か?
「引き継ぐことなんてありません!」「後任に引き継ぐまで出社を命じる!」
「私がうつ病になった原因は・・・?」ひ弱なモンスター社員への対応をどうする!
「復職させなければよかった・・・」度重なる遅刻と休暇取得をどうしたものか?
なぜ、そんなに時間がかかるのか? 「深夜勤務は申告しません!」?
妊娠を報告したところ、「主任の責任は果たせないな・・・」これはマタハラ?
何でも残業見合い手当? 「どれくらい時間がかかるかわからないから・・・」
在職中は有給休暇の取得を阻害されていました・・・
「妊娠したから、育休ください」「え?ずっと休んでるよね・・・」

» 詳しくはこちらのPDFをご覧ください


収録内容紹介

第1話 退職した元社員が2年間の残業手当を請求してきた

 先月退職した社員Fが内容証明郵便で、在職中の残業手当差額として二年間分、約150万円を請求してきました。E者が無視していたところ、
元社員Fが経ち空き人2名を帯同して会社に乗り込んできました。他の社員がいる手前、残業手当の話をしたくなかった社長は、近くの喫茶店に行き、「今日は忙しいので明日にしてくれ」と言って、Fに2万円を渡しました。
 次の日、E者の社長と専務(社長の弟)が約束した面談場所の貸会議室に行くと、社員Fと立会人というものが4人いました。
 「労働基準監督署に聞いていろいろと再計算したら、頂かなければならない賃金の不足額が250万円になりました。また、在籍社員にも”法律はこうなっているんだよ”と話をしようと思っています。」と元社員Fが口火を切りました。
E者の社長と専務は震え上がってしまいました。

【解説】   購入後、専用のURLからご覧いただけます。


第2話 社員への損害賠償請求はどこまでできる?会社の管理責任の限界は?

 Y社の営業部には、勤続10年のE社員がいます。
 顧客である飲食店関係の営業を行っていますので、人当りは良いのですが、こと売掛金の回収については問題が多いお人好しタイプの人物でした。支払期日を過ぎても代金を支払わない顧客に催促・回収業務をやらせると、相手の言い訳に同調する始末で、なかなか埒があきません。何回か専務が後始末をしていましたが、結果的に債権が焦げ付いた時も多々ありました。
 先日、集金業務から帰ってきたE社員が青い顔をしていたので、同僚が理由を尋ねてみると、「何度電話しても代金を振り込んでもらえないので、お店に行ってみたら、お店が閉鎖されていた。どうしよう・・・」ということでした。
 これまで、この顧客の状況をE社員に何度も確認したのですが、その度に「来週まで待って欲しいそうです」「もうすぐ振り込むそうです」という返事ばかりでした。専務は、かねてからE社員には”集金能力がない”と思っていましたので、「この仕事ができないなら、できないと言えばいいのだ。この損害をどう弁償してくれるのだ」とE社員をなじりました。
 次の日、E社員は退職届を提出しました。社長は気が進みませんでしたが、専務はE社員の不始末によって生じた会社の損害金すべてを算出した結果、E社員の退職金から控除することにしました。

【解説】   購入後、専用のURLからご覧いただけます。


第3話 職場復帰したいのですが・・・え?やめるんじゃないの

 3ヶ月ほど前のことです。N者経理部のK子さんの様子がおかしくなりました。急に笑っているかと思うと、急にふさぎ込んだり、また、遅刻や欠勤も多くなりました。見かねた専務が自宅に連絡して病院に行くように両親に伝えたところ、「K子は会社のせいだと言っていますよ。とりあえず、しばらく休ませますから・・・」と嫌な感じでした。
 専務が社長がいろいろと話し合った結果、すぐに解雇できないことから、特別休暇として2ヵ月を設定し、これで職場復帰できなければ退職してもらう、ということになりました。このことをK子の母親に伝えると、「わかりました。早く職場復帰できるようにしますから、会社も職場の環境を良くしておいてくださいね」と、またまた感じの悪い対応でした。
 その後の連絡ではK子は「パニック症候群」と診断されました。そして、休職期間の満了する2週間前にひょっこりと会社に現れ、「もう大丈夫です。来月から出社しますから!」と言って帰りました。
 慌てた社長と専務。 「本当に大丈夫なのかな。経理部の他の社員たちは嫌がっているようだし・・・不安を抱えるよりK子には辞めてもらうしかないかなぁ・・・」

【解説】   購入後、専用のURLからご覧いただけます。


ご購入はこちら


PAGETOP